いまどきの子育てママたちの、つぶやき・・・!!

暮らし

夢爺きいてよ! 夢爺はどう思う!!

 

※子育てママのつぶやきです・・・!!

 

夢爺きいてよ!
ある程度は覚悟していたけれど・・・
やっぱり子育てって本当に大変なんだね。
世の中のお母さんお父さんに尊敬の念を抱かざるを得ない。
こんなに大変な事を当たり前の様にコナシテきたなんて親ってつくづく      たくましいよね。
ママは何を言ってるの、子育てはまだまだ続くんだよネ・・

 

「子育てのジェネレーションギャップは“子供のあやし方”に表れていた!令和では子育てアプリを使って育児をする!子育てブログで共感も!」

 

現代では人が生きる寿命も延び、人間社会として幅広い年代が交わる機会が増えました。

 

そういった幅広い年齢層の方々が交わると必ず生まれるのが、“ジェネレーションギャップ”。

 

そこで今回は、子育てにおいてのジェネレーションギャップについてお話していきます。

 

今回は、

・“子供のあやし方”にジェネレーションギャップが表れていた

・令和の時代では“子育てアプリ”で子育てを効率化

・“子育てブログ”でお母さんのケアもできる

 

この3点についてお話ししてみます。

 

「子育てのジェネレーションギャップは“子供のあやし方”に出ていた」

 

昭和の時代では抱っこ紐でおんぶしながら台所に立ったり、上のお兄ちゃんやお姉ちゃんがあやしていたりしていました。

 

令和である現在でも十分あり得ることで、実際にそうして日々戦っているお母さん方も多くいるかと思います。

 

それでもこのご時世、お母さんが職場に出ることも当たり前になっているので、昭和に比べればそのように抱っこ紐などを使う機会は減ってきていると言えます。

 

ではどうやって令和のお母さん方は子供をあやしているのでしょうか。

 

※子育てママのつぶやきです・・・!!

 

夢爺きいてよ!
子どもに肩車をせがまれて頑張ってみたけれど、案の定、肩を痛めてしまった。
歳のせいなのか、はたまた自分の筋力が足りていないのか微妙に解らないところだな。
子どものためにも運動とか筋トレとかして体力つけた方がいいかも。
ママは若くないんだよネ!!!

 

それは、「子育てアプリ」や「育児アプリ」などを使って、子供をあやしているから。

 

子育てアプリの細かい情報は次の章で解説します。

 

 

「子育てアプリのママやパパを助ける機能」

 

中には、子供にゲームをやらせておいてその間にキッチンに立つ、といったお母さんもいるかと思いますが、子育てアプリにはもっと便利な機能があるのです。

 

その機能というのは、「先輩ママに匿名で相談できる」ことや「ミルクや睡眠時間などを記録する」などがあります。

 

そしてこのような子育てアプリの真骨頂が、「子供がぐずった時などに使える、子供が落ち着く音楽」を流せること。

 

時間を稼ぐためにスマホのアプリゲームをさせることも可能ですが、ゲームに興味を示さない0歳児などには、特にこの「落ち着く音楽」というのは効果的だと思えます。

 

※子育てママのつぶやきです・・・!!

夢爺きいてよ!
旦那の帰りが遅くて、ほぼ毎日ワンオペの毎日に嫌気がさしてくる。
子どもの保育園迎え、夕飯作り・食べさせる、お風呂に入れる、洗濯物を干す・たたむ、寝かしつける…それで私の1日が終わる。
旦那は呑気にYouTube。納得いきます???

 

 

「お母さんのケアをしてくれる子育てブログとは」

 

先ほど紹介した子育てアプリの機能の中にも「先輩ママに相談できる」といったお母さん方のための機能がありました。

 

しかし子育てアプリというのは「子供が落ち着く音楽」などといった子供のための機能が目立ちます。

 

そのため100%お母さんのために作られたメディアではありませんね。

 

そこで、100%お母さん目線で、お母さんの味方であってくれるメディアがあります。

 

それは、“子育てブログ”。

 

これもママさんがやっていることの多いものですが、先ほどの子育てアプリでの相談は、「先輩ママへの相談」でした。

 

しかし子育てブログなので、読者と同じ、“現在子育てに奮闘するママ”が更新しているのです。

 

「今日息子の○○君と△△へ出かけました」といった感じで記事にします。

 

要するに、記事を書いている人と読者が同じ状況下に置かれているので、親近感が湧きます。

 

そのためその親近感が共感へと変わり、「こんな苦労しているお母さんは私だけじゃないんだ」と、読者側のお母さんを支えてくれます。

※子育てママのつぶやきです・・・!!

 

夢爺きいてよ!
出た出た出たよ〜。
着替えて!ご飯食べて!座って!何言っても全て嫌だ!嫌だ!

で返される特技。
なに?嫌だって言えば通用するとでも?ん?ん?
こっちだってもう嫌だわ。
うっせえ/うっせえと現実逃避したい。
ずっとYouTube見ていたい。笑うしかない。

 

きっと記事を書いている側のお母さんも、「日々の苦労を発散する場」としてブログを使っているでしょう。

 

そのような「発散する場としてブログを書く」お母さんと、「同じ苦労をしているお母さんは私だけじゃない」という読者のお母さんの関係は、いわばお互いを励まし合っていますよね。

 

Win-winの関係でもあると思います。

 

※子育てママのつぶやきです・・・!!

 

夢爺きいてよ!
出た出た出たよ〜。
着替えて!ご飯食べて!座って!何言っても全て嫌だ!嫌だ!で返される特技。
なに?嫌だって言えば通用するとでも? ん? ん?
こっちだってもう嫌だわ。
うっせえ/うっせえと現実逃避したい。
ずっとYouTube見ていたい。笑うしかない。

 

 

 

「まとめ」

 

ここまで、現代の「子育てのジェネレーションギャップ」として、“子供のあやし方”を取り上げてお話しました。

 

昭和では毎日のようにお母さんが抱っこ紐を使っておんぶして台所に立っていましたが、令和の時代ではお母さんが職場へ出ることも当たり前となってきているため、そのように抱っこ紐を使う機会も減ってきています。

 

最近のお母さん方は、「子育てアプリ」というようなものを使っていて、子供を寝かしつけたり落ち着かせたりするために、そのアプリを使用します。

 

子供の睡眠時間の管理や「子供が落ち着く音楽」などを流すこともでき、ママさんパパさんを助ける機能が充実しています。

 

そしてお母さん方のケアをしてくれるのが、「子育てブログ」。

※子育てママのつぶやきです・・・!!

 

夢爺きいてよ!
公園行かなきゃな〜
明日は何しようかな〜って言って夜考えるんだけど、
いざ朝になってよし!

まず行動しよう!ってなっても動けず、11時過ぎたらもう

タイムオーバー!
もう何もできない。
どうしよう!
もう11時過ぎだよ。また明日頑張ろうか???

同じ状況下にいて子育てを頑張るお母さんが書く記事を更新するブログが多くあり、そのブログを読んだ読者は「同じ苦労をしているお母さんがいるんだ」と親近感を持ち、その親近感が共感へと変わることで、お母さんの精神的なケアができます。

 

改めて今回は、「子育てのジェネレーションギャップ」についてまとめました。

 

こうしてまとめてみると、時代の移り変わりというのはとても目まぐるしいものですね。

 

50年前には「先輩ママ」というワードさえありませんでしたし、メディアを通して相談するというサービスもありませんでした。

 

しかしメディアだけに頼らず、しっかりとお母さん自身が子供をあやすことで、親子の

信頼関係を築くことも大切だと思います。

※子育てママのつぶやきです・・・!!

 

夢爺なんかいい案ない?
ハロウィーンパーティで子どもが着るコスチュームを
選びに行かないとな。
今年は恐竜がいいそうなんだ、
どこにも売ってなくて、ネットで注文になるかな…
ハロウィーンパーティで、食事何作ろうか悩む。
夢爺なんかいい案ない?

夢爺きいてよ! 夢爺はどう思う!!など 子育て頑張るママ達の今どうしてる?は 、子育てママのつぶやきです・・・!!ツイートするね!! みんなの感想や意見をききたいです~~~! こんな感じでつふゃいてくれたママたちです・・・これ読んで怒ってくれてもいいですけれど・・・。

夢爺には考えつかない事、 思いつかない事など宜しくお願いします。

子育てママのつぶやきを含めてまた報告してみたいと思います、それでは・・・!!!

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました