【実体験】時間をかけて確実に体脂肪を落としボディメイクする方法

暮らし

こんにちは!

今回は自分の自分の体験談を交えて、確実に体脂肪・体重を落とす方法を記していきたいと思います。

私は30代男性で、体重75㎏体脂肪率18%から体重63㎏体脂肪率9.9%まで落とすことに成功しました。腹筋も割れました。ただし、その期間はちょうど1年ほどかかり、即効性はないといえます。

その代わりにリバウンドもしにくく、着実な方法ではあったと感じました。

以下にその具体的な方法を記していきたいと思います。 

113食のうち1食をプロテインに置き換える。

ボディメイクをしようとして一番大事なことは、やはり消費カロリーより摂取カロリーを減らすことです。そしてそのために手っ取り早かったのが1食をプロテインに置き換えることでした。私の場合は昼食を置き換えていました。

最初のうちは空腹に悩まされるのでは?とも考えておりましたが、実際にやってみるとむしろ食後・午後になってからの倦怠感がなくなったこともあり、むしろ体調がよくなったとすら感じられました。シェイカーにプロテインを入れるだけという手軽さもあり、思いの外継続は容易でした。

蛇口のところに行ってシェイクするのも悪目立ちするなぁ……とお考えであれば、市販のプロテイン入り飲料を活用することもおすすめです。より手間もかからず楽に続けられるはずです。

2.食事の前にプロテインを飲む

食べても食べても満腹感が得られない、お腹いっぱいにならないと気が済まない、そんな方もいらっしゃるでしょう。

さて、プロテインレバレッジ仮説というものがありまして、「人は1日のタンパク質の必要量を満たすまで食事をとろうとする」という話です。

つまり、タンパク質が体に必要分足りていないために、ごはんやお菓子など炭水化物や脂質をいくらとっても満足感を得にくいとも言えるでしょう。

それならば、先にプロテインを1杯飲んでおけば満腹感が得やすいのではないか?と考えました。

実際に試してみますと、以前にあった過剰なまでの食欲がなくなる……とまではいきませんでしたが、比較的一般的な食事量で満足できるようになりました。

食物繊維の多い野菜から先に食べましょうという話はよく聞くとは思います。トータルカロリーをを減らすことを考慮するのであれば、食物繊維とプロテイン両方を食前に摂るのも悪くはないのでしょうか。

3.週一回で良いのでジムに行き、筋トレ・有酸素運動をする

できるのであるならば週3回は行っておきたいところではあったのですが、なかなかそうもいかない状況でしたので、せめて週末に1回はジムに通うようにしていました。

内容としましては

1)ベンチプレス 10回×3セット

2)懸垂 10回(あるいはできなくなるまで)×3~5セット

3)スクワット 10回×3セット

4)オーバーヘッドプレス 10×3セット

5)レッグカール 10回×3セット

6)アームカール 10回×3セット

7)有酸素運動としてトレッドミル30~40分 傾斜は10~15% 速度は3.5~4.5㎞/h

というメニューでした。

引き締まった体になりたいというのが目標でしたので、本気でボディメイクしている人からするとそこまで重いメニューでもないとは思います。ただ、その目標でさえも私個人的な意見ですが、ウェイトトレーニングは必須だと実感しております。

週1というペースではありましたので、すぐに目に見える効果はありませんでした。しかし、3~4か月ほど経つころには、明らかにズボンが緩くなり確かに効果があったのだと思えました。

週1のトレーニングでも無駄なんてことはなく、着実に効果はあります。ただ、それを実感する前にトレーニングを辞めてしまう気持ちもわかります。あきらめないでやっていきましょう。

こうして並べていくと、プロテイン頼りなことは多いものの、食事に気を遣い運動をするというある種当然とすらいえることばかりではあったと思います。

と言いつつも、実は他に食事制限は特にしていませんでした。接種カロリーも計算すらしていません。

だからこそ時間がかかりましたし、それでもなお効果は出ました。もっと食事に気を遣えるのであれば、半年程度で体重10㎏減はできるはずではあります。

どちらにしても何らかの形での継続した努力は必須であり、楽してすぐにダイエットなどというものはありません。そう断言できます。

プロテイン買うにしても初期投資は必要ですし、ジムに通うにしてもそうです。時間を割く必要もあれば、もしかしたら外食も控えなけれはならないかもしれません。

しかし、その莫大な努力の先に、鏡に映る引き締まった体や、海に行ったときに褒められる感覚はなかなか得難いものがあります。

はっきり言ってしまえば大半の人はダイエットを継続できませんしやった気になっていることも多いです。

だからこそきちんと頑張れば他の皆さんを出し抜くことは簡単です。

ぜひがんばってみて下さい。応援しています。

タイトルとURLをコピーしました