病に関する がっかりなジェネレーションギャップ を言われて、私の人生は変わりました。

暮らし

病に関するジェネレーションギャップって?

現代のハラスメントなどで精神病が増えている印象に。

昭和?平成ではあまり聞かなかった現代病についてお話します。

 

1つの企業の中でも定年近い50代60代の方々もいれば、新入社員として頑張る20代も当然ですが居ます。

 

そういった幅広い層の中で必ずと言ってよいほどあるものが、ジェネレーションギャップ。

 

特に企業などの中では“セクハラ”や“モラハラ”などという“ハラスメント”が出てきています。

 

昭和にはこのような“ハラスメント”という言葉さえ浸透していませんでした。

 

“ハラスメント”文化がない時代から企業で頑張っている年配と、生まれたときから“ハラスメント”文化があった年代が交じり合う方こそ、現代でハラスメントが起きているのかもしれませんね。

 

そういった点から、“ハラスメント”そのものもジェネレーションギャップの一つだと言えます。

 

しかしそのジェネレーションギャップの延長線上には、そのハラスメントが引き金となっている精神病があるでしょう。

 

そこでこの記事では、

 

・ハラスメントって具体的にはどんなものを言うの?

・ハラスメントはどんな精神病を招くの?

・ジェネレーションギャップに負けない年代を超えた思いやりとは?

 

この3つについてお話していきます。

 

「“ハラスメント”でジェネレーションギャップを感じてしまう⁉具体的にハラスメントとはどんなものなのか」

 

まずはハラスメントについて具体的に確認してみます。

 

とは言え意味合いとしては簡単で、「嫌がらせ」を指しています。

 

しかし嫌がらせにも程度がありますよね。

 

その程度によれば「人がすることか?」と思うような事例もあるようです。

 

その事例というのは、必要以上の長時間労働やパワハラ(パワーハラスメント)などが原因で精神疾患になり、休業を余儀なくしたというものがあります。

 

この事例の長時間労働については「過労死ライン」を超える時間外労働も珍しくなかったようです。

 

そんな中で追い打ちをかけるように、叱責する際に管理職の男性8人で被害者の男性を囲い、5時間以上その叱責が続いたということもあったようです。

 

このようないわゆる“パワハラ”が全国でたくさん起こっているわけですが、上記の事例は正直“嫌がらせ”のレベルじゃありません。

 

そういった目も当てられないような行為が続いていくうちに被害者は追い詰められ、精神病などの精神疾患を発症するということです。

 

 

「聞きなじみのない精神疾患でジェネレーションギャップを感じる⁉ハラスメントが誘発する精神疾患とは」

 

前章でもお話した通り、嫌がらせの度をとっくに超えている“ハラスメント”行為。

 

このようなハラスメントの被害者は精神的に追い詰められ、いずれ見ただけではわからない心の傷、精神病や精神疾患を発症します。

 

高度成長期の日本を支えた方々には中々聞きなじみのない病名かもしれませんが、その精神疾患には「パニック障害」や「うつ病」など数えきれないほどの種類があります。

 

 

 

今回は「パニック障害」と「うつ病」について、少々知っておきましょう。

「パニック障害にはどんな症状がある?」

 

ストレスが原因となる場合が多いパニック障害。

 

症状としては動悸や呼吸困難感、人によりますが、めまいやダルさ、感情面でも悲しくなったりさみしくなるなど、症状がとても豊富です。

 

しかし今挙げた症状の中で、ぱっと見でわかる症状ってありませんよね。

 

これが精神疾患の怖いところで、「自分が今どこの具合が悪いのか」が他人に伝わりにくいのです。

 

会社に松葉杖をついて出社したら「私が荷物運びます」など心がけてくれるかもしれません。

 

しかしそのような外傷ではないため、中々具合の悪さが伝わりません。

 

そういったときでもしっかりと理解してくれる上司だといいのですが、恐らくパニック障害になっている時点でそのような気の利く上司ではないと思われます。

 

そういったときに「また仮病か」などという言葉が投げられると、どんどん症状が悪化していきます。

 

流石に「また仮病か」とまでは言わないかもしれませんが、それだけ周りの人間の理解がカギを握っているということです。

 

 

「うつ病にはどんな症状がある?」

 

これもまた感情面での症状があるもので、気分がひどく落ち込んだりやる気が出なかったり。

 

疲れやすいや眠れないなどといった症状もあります。

 

こちらもやる気がない姿を見て「もっと頑張れ」などという言葉が投げられると、どんどん悪化していくでしょう。

 

精神疾患全般に言えることかもしれませんが、いかに周りの人間が理解しているかがカギですね。

 

 

 

「まとめ」

 

ここまで、「病のジェネレーションギャップ」として、“ハラスメント”が原因となる場合の現代病、精神疾患などについてまとめました。

 

ハラスメントというのは思いやりがあれば起きるはずのないことなのです。

 

しかし高度成長期を支えた方々の時代にはない文化で、「ハラスメントがない時代を生きた人」と「ハラスメントがある時代に生まれた人」が交わることで、こういった問題が起きるのでしょう。

 

このハラスメント問題はぜひ無くなってほしいと思いますが、そのためには「どれだけお互いを思いやるか」が重要となっているでしょう。

タイトルとURLをコピーしました