趣味を生きがいに楽しみ外出する元気なシニアのイタリア編!

暮らし

いつまでも元気なシニアで!趣味を楽しむ元気なシニア !

 

こんにちは!元気に趣味を楽しんでますか?

前回は【趣味を楽しむ元気なシニア】がイタリアへ行ってもっと元気で素敵に楽しめるように、

まずは準備を楽しむ所から、でした。

 

続編をお届けしますね。。。。。とその前に 元気なシニアのイタリア編

 

     こんな元気なシニアがいた☟☟☟☟☟クリック      

生きがいを求めイタリアまで脚を延ばしていたシニアが神戸に戻った

 

 

 

元気なシニアがイタリアへ行って楽しむ!続編です。

③フィレンツェの夜を楽しむ【元気なシニア】

フィレンツェはイタリアの中では有名な観光地のわりには安全な街で、夜に一人で歩いても

比較的安全なので、シニアが安心して楽しめますよ。

 

夕食後に世界遺産フィレンツェの街の中心レプブリカ広場に面したカフェ・ジッリに行ってみましょう。

 

広場に面した席でカプチーノやチョコラータを飲んで、スーパーマリオのようなひげを生やした  ギャルソンと習い覚えた簡単なイタリア語で話してみましょう。

 

イタリアでは日本人は若く見られて【元気なシニア】はもっと若く見られるので、ホントの年齢を 言うと驚かれること間違いなしです。

 

だから、年齢はイタリア語で言えるように覚えていきましょうね。

 

(例) Quanti anni hai?~歳はいくつですか?

 

ここで、気分をよくしてから、広場で歌っているミュージシャンたちの歌を聞いて、      「ブラボー!!」とか言えば、もう気分はイタリア人、どんどん人なつっこいイタリア人みたいに なって【心も見た目も明るく元気なシニア】

 

チャップリンの格好をしたパフォーマンスなんかを見て笑った後は、近くのお店を覗いてお買い物をするのもいいし、ジッリの前にある高級ホテルにはハリウッドスターたちも泊まるので、運が良ければ憧れのスターと会えるかも。

 

そうそう、お土産にはジッリのミントがおすすめです。

 

可愛い七宝焼きのケースはイニシャルいりもあるし、ジッリの店名入りもあります。

ミントを食べ終わったら、お薬を入れておけるので、お友達にイニシャル入りのを上げると、大喜びされるの間違いなしですよ。

 

イタリアの素敵なシニアはこれにお薬を入れて、食卓に置いています。

やってみてください。貴方も若い人の【憧れのシニア】です。

 

【元気なシニア】は世界中の人が一番住みたいところというイタリアのトスカーナ地方に行って、 映画の中にいる気分!!

さて、次は今の季節誰もが楽しみにする栗のとれる村へ足を延ばしてみましょうか。

フィレンツェから車で小一時間、B&Bのオーナーにつれていってもらうか、ガイドさんの車で、  トスカーナ地方の風景を楽しみながら、栗祭りをしている村へいきましょう。

 

フィレンツェの街なかとは違って、ちょっと田舎のイタリアもまた楽しいですよ。

「わざわざ田舎に行かなくても」と思うかもしれないですが、モネの絵画に出てくるような景色の中で放牧されている牛を見たり、ルネッサンスのころからある大きな別荘を見ながら車を走らせていると、【元気なシニア】は映画のなかにいる気分になって、「また恋ができるかも」とか思って【イタリアが趣味のカッコいいシニア】に!!

 

むらの若者達や屋台で賑わう村に着いたら、焼き栗や栗のお菓子、ポルチーニ茸のスープなどを食べると美味しいです。

 

とにかく、イタリア人は明るくて人懐っこいので村でも大歓迎してくれますから、余計に美味しく感じて【幸せホルモンが出て元気なシニア】になることまちがいなしです。

 

屋台では、日本で買うととっても高い乾燥カモミールを量り売りでうっています。

これは、お土産や自分用に絶対おすすめします。

 

軽いので、他にたくさんお土産を買っていても、帰りの空港でオーバーウエイトで止められて、泣く泣くおいていかなければならないということもありませんよ

 

世界中の人が疲れたら行きたくなる国イタリアの魅力に触れて【元気で魅力あるシニア】になって帰ってきましょうね。

イタリアから帰ってくると、ほとんどの人がお洒落になってかえってきますよ。

 

お金をかけていなくても、配色がいいんですよね、有名なデザイナーも「色使いがうまくできる人はお洒落の上級者」といってますからね。

 

帰国したら貴方は間違いなく【憧れの元気なシニア】になっていますよ。

 

では、海外旅行解禁になる日を楽しみに!!

 

Ci vediamo~シベディアモ

また会いましょう!!

     こんな元気なシニアがいた☟☟☟☟☟クリック      

生きがいを求めイタリアまで脚を延ばしていたシニアが神戸に戻った

 

 

タイトルとURLをコピーしました