就活・就職の基本テクニックはこれでしょう

就活

 

1.就職情報の入手の仕方について

 

情報誌などでは、求人情報の他にも就職活動に際して

役に立つ知識が色々と詰まっています。

 

求人情報を扱うホームページや雑誌には、求人情報他、

就職活動を円滑に行うための履歴書の記入の心得や面接で

大事なことなどが書かれています。

 

体験談や成功談などが載っていることもありますので、

やる気が出ない時などに読み物として目を通すこともいいでしょう。

 

就職活動を成功に繋げる上で、1人では気づけなかった

物事に注意が向くということは意味があることです。

 

現時点の全体の求人状況についても認識しておきたいものです。

 

求職者を取り巻く環境は、毎年少しずつ違います。

 

求人倍率や人気職種はもちろんのこと求人情報が多く出される

時期や就職しやすいタイミングなど、メリットのある情報を

入手する事もできます。

 

就職活動を進める上で、全体の流れを把握しておく事は

就職成功への道を開くためにも必要なことです。

 

就職セミナーや就職フェアなどに参加するのも、

いろんなメリットがあります。

 

サイトや雑誌でも広く情報は手に入りますが、いつ誰が

見るか解らない環境下での情報には、やはり制限があり

セミナーやフェアとは情報の質が違います。

 

これまで特に機会がなかった業種と接点を持ったり、

近づく事がなかった会社に関心を持てる良い機会でもあります。

 

就職活動を有利に進めるための情報収集とは何も求人に関わる

事に限った事ではなく、業種ごとの状況や社会の動きなども

重視したいものです。

 

 

 

2.就職のために求人情報を効率的に見つける方法

 

自分が望む仕事につくためには、希望する仕事の条件を

明らかにして、効率的に就職活動を進めることにあります。

 

就職活動をはじめる前でこれから仕事探しをしようとしている人も

おられるのではないでしょうか。

 

就職活動を進めるためにはまず、自分に合った求人情報を見つけることが先決です。

 

就職活動をする時に強みになることは何かを自分の中で

見極めておきましょう。

 

数多くの仕事の情報の中から、自分が希望する仕事か

どうかを切り分けることが必要になります。

 

就職できれば何でもいいという考え方ではなく、この会社で

働きたいという会社を、できるだけたくさん見つけて候補をつくります。

 

この頃は、就職活動のために求人サイトを使う人が増加しています。

 

求人サイトは、たくさんの求人を効率的に閲覧できます。

 

自分の希望する仕事の条件を細かく設定して求人情報を

検索できる求人サイトは大変便利なものです。

 

仕事に対する条件はもちろんのこと自分の経験やスキル、

所有している資格や免許などでも探すことができます。

 

企業が求人をたまたま出している時に巡り会えるかは、

就職活動の肝心な部分です。

 

一度は見つからずとも、次は見つかるということもあります。

 

まめに求人サイトを検索をしていれば、最新の仕事情報を

見逃さずにチェックできるので、希望の仕事が見つかった

場合にすぐに応募ができます。

 

求人サイトをこまめに見ておくことで、条件に合ういい求人が

出てきた時に即座に応募することが可能です。

 

 

3.求人に関する情報を効率よく集めるためには

 

本当にやりたいと思う仕事を見つけるためには、求人に関する

情報収集が不可欠ですが、どうすれば効率的に求人情報を

集めることができるでしょうか。

 

インターネット上にはたくさんの求人サイトあり、最近は

求人サイトを利用した情報収集が一般的になっています。

 

就職支援会社などが運営している求人情報サイトは、最新の

求人情報を集めたい人にはとても役立つものです。

 

時間を気にすることなく、家に居ながらにして、多くの情報を

瞬時に得ることができ、いまではスマホからでもネット検索可能です。

 

たくさんある求人の中から、給料や休みの日数、勤務時間、

仕事の内容等でサーチがかけられます。

 

よりいい求人を見つけるために条件で検索をかけて、希望に

合う求人情報をピックアップします。

 

ネット上には従業員が会社について語っている口コミ情報サイトも

ありますが、ネットの情報だけで満足のいく仕事かどうかを把握

できるでしょうか。

 

ネットの文章のみでは、どうしても伝わりきれないニュアンスが

あることは、理解しておく必要があります。

 

機会があればその会社に足を運んでみて、ネットの情報がとの程度

信頼できるか確認したいものです。

 

ネット上の記事内容や口コミは、あくまでも参考材料にすぎません。

 

求人に応募するかどうかを決めるために様々な手段で情報を集める

ようにしましょう。

 

最終的に判断するのは自分自身になりますので、ネットの情報も

使いつつ、自分自身の判断能力も研ぎすませることです。

 

 

4.就職活動の面接でのアドバイス

 

面接に関するアドバイスは、さまざまな就職活動のアドバイスの

中でもとくにプラスとなるものです。

 

面接では絶対に正解というものはありません。

 

相手の好感度をちょっとした言葉が下げてしまったり、反対のこともあります。

 

面接の方法の中で正しいものを見つけるのではなく、面接担当者や

経験者のアドバイスを参考にして、自分なりの就職活動の良い方法を

見つけなければなりません。

 

就職活動において面接は必ずあるもので、だれも避けることはできないでしょう。

 

面接に役立つ基本的なマナーや常識、面接での心構えを

アドバイスなどで得て、面接を攻略していきましょう。

 

面接には2つのパターンが大きく分けてあるようです。

 

最初に面接官が求人内容や会社のことについて話し、求職者からの

話しをその後で、話をしてもらうと言う物がひとつです。

 

もう一つが、まず求職者に質問をしていき、志望動機や自己PRを

してもらうパターンです。

 

就職活動では、どちらの面接でも対応ができるようにしておくことが重要です。

 

アドバイスの基本としては、身だしなみをきちんと整えておく事、

履歴書に書いた事を理解しておく事たまには面接官とアイコンタクトを

とること等があるでしょう。

 

だれでも面接の場ではナーバスになるでしょう。

 

アドバイスをきちんと実践できているという気持ちが就職活動の

緊張を和らげる効果もあるものです。

 

 

5.新卒の就職者が早期に会社を辞めてしまう理由とは

 

新卒で採用されて、社会人として働き始めても、30%が

3年後には退職しているそうです。

 

短期間で退職をする場合、十分な実績は積めておらず、

次の転職にプラスになる辞め方にはなりません。

 

せっかく採用された会社を、短期間で辞めてしまう場合は、

就職活動時の準備不足に関係することがあります。

 

ようやく決まった勤め先を短期間で退職しないようにするには、

どんな就職活動が適切でしょう。

 

大勢の人が希望する企業や有名どころばかりを優先して就職活動を

していると自分の希望に沿わないことがあります。

 

将来的に潰れない会社や休日、日数やボーナス待遇がしっかりと

しているところは、多くの希望者が殺到しがちです。

 

けれども、必然的にハイレベルな学生達がしのぎを削るように

なりますし、会社の求める水準も高くなりがちです。

 

どうにか採用はされたけれど、求められる能力が高すぎたり、

難易度の高い仕事をこなさなくてはならなくなってしまいます。

 

自分がどんな環境でなら、のびのびと働けるかも考えて、

場合によってはあえて地元の中小企業のほうがいいこともあります。

 

就職活動を始める時には、採用を希望する企業だけでなく、

自分の希望する働き方を考えておきましょう。

 

希望の会社について情報は得ていても、業界の動向は把握できていない人もいます。

 

採用された会社に長く勤めるためにも、自分がどういう働き方を

したいのかをじっくり検討しましょう。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました