一万人に好かれるより、あなたに好かれたい「子育てのジェネレーションギャップ」

暮らし

現代では人が生きる寿命も延び、人間社会として幅広い年代が交わる機会が増えました。

そういった幅広い年齢層の方々が交わると必ず生まれるのが、“ジェネレーションギャップ”。

 

そこで今回は、子育てにおいてのジェネレーションギャップについて考えてみます。

 

この記事では、

・“子供のあやし方”にジェネレーションギャップが表れていた

・令和の時代では子育てアプリで子育てを効率化

・“子育てブログ”でお母さんのケアもできる

この3点についてお話していきます。

「子育てのジェネレーションギャップは“子供のあやし方”に出ていた」

昭和の時代では抱っこ紐でおんぶしながら台所に立ったり、上のお兄ちゃんやお姉ちゃんがあやしていたりしていました。

 

令和である現在でも十分あり得ることで、実際にそうして日々戦っているお母さん方も多くいるかと思います。

 

それでもこのご時世、お母さんが職場に出ることも当たり前になっているので、昭和に比べればそのように抱っこ紐などを使う機会は減ってきていると言えます。

 

ではどうやって令和のお母さん方は子供をあやしているのでしょうか。

 

それは、「子育てアプリ」や「育児アプリ」などを使って、子供をあやしているから。

 

子育てアプリに細かい情報は次の章で解説します。

 

「子育てアプリのママやパパを助ける機能」

 

中には、子供にゲームをやらせておいてその間にキッチンに立つ、といったお母さんもいるかと思いますが、子育てアプリにはもっと便利な機能があるのです。

 

その機能というのは、「先輩ママに匿名で相談できる」ことや「ミルクや睡眠時間などを記録する」などがあります。

 

そしてこのような子育てアプリの真骨頂が、「子供がぐずった時などに使える、子供が落ち着く音楽」を流せること。

 

時間を稼ぐためにスマホのアプリゲームをさせることも可能ですが、ゲームに興味を示さない0歳児などには、特にこの「落ち着く音楽」というのは効果的だと思えます。

「お母さんのケアをしてくれる子育てブログとは」

 

先ほど紹介した子育てアプリの機能の中にも「先輩ママに相談できる」といったお母さん方のための機能がありました。

 

しかし子育てアプリというのは「子供が落ち着く音楽」などといった子供のための機能が目立ちます。

 

そのため100%お母さんのために作られたメディアではありませんね。

 

そこで、100%お母さん目線で、お母さんの味方であってくれるメディアがあります。

 

それは、“子育てブログ”。

これもママさんがやっていることの多いものですが、先ほどの子育てアプリでの相談は、「先輩ママへの相談」でした。

 

しかし子育てブログなので、読者と同じ、“現在子育てに奮闘するママ”が更新しているのです。

 

「今日息子の○○君と△△へ出かけました」といった感じで記事にします。

 

要するに、記事を書いている人と読者が同じ状況下に置かれているので、親近感が湧きます。

 

そのためその親近感が共感へと変わり、「こんな苦労してるお母さんは私だけじゃないんだ」と、読者側のお母さんを支えてくれます。

一万人に好かれるより、あなた一人に好かれたいと思いつつも・・・

きっと記事を書いている側のお母さんも、「日々の苦労を発散する場」としてブログを使っているでしょう。

 

そのような「発散する場としてブログを書く」お母さんと、「同じ苦労をしているお母さんは私だけじゃない」という読者のお母さんの関係は、いわばお互いを励まし合っていますよね。

 

Win-Winの関係でもあると思います。

子育て中の病から。。。👇ここも読んで!!

病からのジェネレーションG

 

 

「まとめ」

ここまで、現代の「子育てのジェネレーションギャップ」として、“子供のあやし方”を取り上げてお話ししました。

 

昭和では毎日のようにお母さんが抱っこ紐を使っておんぶして台所に立っていましたが、令和の時代ではお母さんが職場へ出ることも当たり前となってきているため、そのように抱っこ紐を使う機会も減ってきています。

 

最近のお母さん方は、「子育てアプリ」というようなものを使っていて、子供を寝かしつけたり落ち着かせたりするために、そのアプリを使用します。

 

子供の睡眠時間の管理や「子供が落ち着く音楽」などを流すこともでき、ママさんパパさんを助ける機能が充実しています。

 

そしてお母さん方のケアをしてくれるのが、「子育てブログ」。

 

同じ状況下にいて子育てを頑張るお母さんが書く記事を更新するブログが多くあり、そのブログを読んだ読者は「同じ苦労をしているお母さんがいるんだ」と親近感を持ち、その親近感が共感へと変わることで、お母さんの精神的なケアができます。

一万人に好かれるより、あなた一人に好かれたい、そうであってほしいと思いながら

改めて今回は、「子育てのジェネレーションギャップ」についてまとめました。

 

こうしてまとめてみると、時代の移り変わりというのはとても目まぐるしいものですね。

 

50年前には「先輩ママ」というワードさえありませんでしたし、メディアを通して相談するというサービスもありませんでした。

 

しかしメディアだけに頼らず、しっかりとお母さん自身が子供をあやすことで、親子の信頼関係を築くことも大切だと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました